いなげ動物病院

千葉県千葉市の犬・猫・ウサギ・ハムスターいなげ動物病院

食事について

猫の腎臓病について

HOME >  ペットのこんな事  > 猫の腎臓病について

腎臓ってどんな臓器

  • 腎臓は、一対の臓器で、体の中を健康な状態に保つために仕事をしています。
    特に大切なのは、腎臓では体の血液をろ過して、おしっこが作られることです。このおしっこの中には体にとって不必要な老廃物が排出され、体の中に毒素がたまらないようにしています。

    肉眼では確認できませんが、腎臓はネフロンと呼ばれる単位が集まってできています。そして、腎臓の主な働きはこのネフロンで行われるのです。

慢性腎臓病とは

  • 腎臓は、水分の保持排泄を調整し、老廃物を排出します。 骨代謝・造血及び血圧調整も行っています。 慢性腎不全は、長期間(数ヶ月~数年)に渡って、腎組織が徐々に損傷を 受け、正常に機能できなくなった状態を言います。 その初期症状にはほとんど症状が見られません。

    老齢の猫の場合、一見元気そうでも、診察・検査で発見されることも すくなくありません。日頃から、飲水量・尿量の変化に気をつけて おくと良いでしょう.。

    放置しておくと、尿毒症を招き生命に関わる、危険な状態になります。 早期発見・早期治療によるQOL(クオリティオブライフ)の向上が 望めますので、日頃から診察、検診を受けましょう