いなげ動物病院

千葉県千葉市の犬・猫・ウサギ・ハムスターいなげ動物病院

食事について

感染症予防について

HOME >  ペットのこんな事  > 感染症予防について

感染症予防について

  • 健康状態にあった食事をセレクトしていますか?

    感染症に対抗する手段には大きく分けて2つの方法があります。一つは感染した後の治療、もう一つは感染する前に予防することです。

    感染してからの治療は、不健康な状態からの対抗策になり不利な方法です。一方感染前に予防する方法は、病気にならずに感染症を防ぐため、健康被害が最小限で済みとても有効な手段になります。その一つに予防接種(ワクチン)があります。

    疾患の中には予防接種が有効な感染症があります。適切な予防接種を行って、恐ろしい感染症から守ってあげてください。

ワクチンについて

  • 子犬・子猫は生まれてからしばらくは、母親から譲り受けた免疫で感染症から守られます。

    しかし残念ながらその免疫は長続きしません。この免疫は徐々に低下し病原体から身を守る力が十分ではない子犬・子猫は病気に対して無防備になってしまいます。

    ワクチン接種をすることにより免疫力を高め、病原体を感染させない、感染したとしても重症化させないようにします。

    予防できる病気の種類ごとに適したワクチンをご提案させて頂きます。

フィラリア症について

  • フィラリア症とは、フィラリアが入りこみ、成長した虫が心臓などに住みついた結果、さまざまな形で体調を悪くする病気です。この状態を「フィラリアに感染した」といいます。

    フィラリア症は予防薬を投与すれば防げる病気です。予防を怠ると知らない間に感染していた、ということがあります。いつまでも健康で過ごせるようしっかりと予防を心がけてください。

    フィラリアに感染していないかの検査は、予防薬をあげる前に必ず行ってください。前年度の予防が不完全な場合、フィラリアに感染していると予防薬によって副作用を起こす場合があります。